脳ドックMRI、脳ドック・MRIの検査・MRA検査、料金・見つかる病気(脳梗塞・脳腫瘍・脳血管異常・脳幹部病変など)

当サイトおすすめNo.1の脳ドックMRI検査はこちら
脳ドック

TBS「怪傑ドクター」やテレビ東京「主治医が見つかる診療所」で紹介された評判の病院はこちらをクリック

脳ドック検査で見つかる病気は?

脳ドックでは、MRIによる脳の断面画像により、脳腫瘍の有無、脳血管の状態、先天的な異常の有無などを診断することができます。これらの診断によって将来起こるクモ膜下出血や脳梗塞の危険性を認識し、未然のうちに予防することが可能です。


脳卒中は50〜70代に圧倒的に多く、高血圧で脳血管疾患のリスクが高い方などは特に、早期発見のための脳ドックが推奨されています。女性の場合は40代以降のくも膜下出血が男性よりも多くみられますので、早めに脳ドックを受診されるのも言いと思います。また、先天的な異常などがある場合は、年齢などは関係ありませんので、脳ドックを受けてみてはいかがでしょうか。


一方、アルツハイマー型の認知症などは、MRIでわかるほど脳が縮んできている場合は相当進行してしまっている状態だそうです。日本人に比較的多い血管性認知症というものは、脳梗塞が多く発生して、進行するものなので、MRIでその原因となる隠れ脳梗塞の有無を確認することで、将来の危険を予測することができるようです

平成4年開設、日本で3番めに脳ドックMRIの機器を導入⇒⇒⇒ 脳ドックなら金内メディカルクリニック